淡路高校WL部ログ

ウエイトリフティングを応援しています!
<< 85kg級 三原選手 | main | 53kg級 堀選手 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
←たまにはこっちも押してみてね
高校教諭が現役復帰で大会V(神戸新聞より)

 淡路高校(淡路市富島)ウエートリフティング部顧問の松下敦史教諭(36)が3年ぶりに現役選手として復帰し、5月に明石市内で開かれた「第62 回兵庫県選手権大会」の男子77キロ級で優勝した。部員たちが全国大会などで好成績を残す姿に心を動かされ、現役への思いが再燃したという。今秋の新潟国 体出場に向けて「もう一度、大きな舞台に立ちたい」と意気込んでいる。(西尾和高)

 神戸市内の公立高校でウエートリフティング部に入部。最初は50キロのバーベルを持ち上げることができなかったが、先輩が100キロを軽々と上げる姿を見て負けん気に火がつき、打ち込むようになったという。

  大学に進学後、4年生でようやく好成績を残せるようになり、1994年の全日本学生個人戦選手権の70キロ級で準優勝に輝いた。教諭になって出場した全日 本選手権で初めて優勝を経験。2006年の兵庫国体では77キロ級で3位に入賞したが、体力の限界を感じて現役を引退した。

 昨年から同部 顧問となった。部員たちは全国大会で準優勝に輝いたり、国際大会で活躍したりするまでに成長。部員たちの真剣な姿に「自分もまだまだやれる。挑戦する姿を 見て学んでほしい」と、復帰への思いを抱いたという。部員の藤田真奈実さん(3年)は「先生の復帰は励みになる」とエールを送る。

 現在、8月に明石市内で開かれる国体出場の最終選考を兼ねた県民大会に向けて調整中。放課後、部員たちと一緒に約二時間、スクワットやバーベルを引き上げる基本練習を繰り返して汗を流す。

 「復帰後は体の動きが軽くなった。部員たちとともに精いっぱい頑張って国体に出場したい」と話している。

松下先生
http://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/0001992205.shtml

松下先生
| ニュース | 15:33 | comments(0) | trackbacks(1) |
←たまにはこっちも押してみてね
スポンサーサイト
| - | 15:33 | - | - |
←たまにはこっちも押してみてね









http://ahsw.jugem.jp/trackback/438
「指導者と部員の切磋琢磨〜淡路高等学校ウエイトリフティング部のブログから」
――アニキです この『ブカツブログ』唯一のウェイトリフティング部として、他のブカ
| ブカツブログ powered by ココログ | 2009/06/26 11:22 PM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ